スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要求分析

最近、サークルのバザーや展示企画のためにプログラムを先輩と書いてるんですが、

「○○なのを作ってって言ったやん」的なことを昨日と今日で3、4回ぐらい言われた
どうも僕が書いてるプログラムの仕様が先輩の要求とずれてるらしい

僕が要求についてちゃんと聞いてないからこういう事になるんだろうなぁ
ちゃんと人の話は聞かないと

特にプログラムを書くときは要求仕様をちゃんと聞いて理解して作らないと、僕みたいに作ったものが違うって言われてしまうわけです
実際仕事でプログラムを組むときはこんなことがざらに起こるんだろうなぁ
そう思うとプログラマーの胃に穴が開くのも仕方ないわなぁ
一人で趣味で組むプログラムとは全然違うんだなぁと思う今日この頃
ソフトウェア工学入門の先生も言ってたが、要求分析は難しいなぁ

僕の場合はたぶん話をちゃんと聞いてないだけだろうが
さぁオートマトン書かないとダメかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そこまで気にすることではないのでわ

まあ仕様である以上,則しているに越したことはない筈だけど
一度間違って見て得られる理解も決して無駄にはならないと思いますよ.

ロジック班はともかく,わたしのほうは別に導出過程が違うだけで
たんなる別解に留まっているような

>>kxさん
すごく遅い返事ですいません
そう言っていただけるとすこしは肩の荷が下ります

しかし、人の話はちゃんと聞いていないといずれ自分が困るので、反省して改めたいと思います
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
情報科学を専攻している大学院生. OSとかHypervisor とかいじってます.

時羽金也

Author:時羽金也

リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。